【実家の断捨離】思ったよりたくさんあった自分のモノ。

シェアする

ゴールデンウィークも残りわずかになってきましたね。

私は、3日ほど実家に行ってきました。

そして、断捨離もしてきましたよ。

スポンサーリンク

広い家のところどころに私のモノが残っていました

私の実家は、田舎にあります。

1階は、和室が5部屋にダイニングキッチンとリビング、2階は、和室が1部屋にミニキッチンとリビング、元子供部屋だったけど今は物置となった2部屋。

祖父が建てた家に、父が増改築したので、少々変わったつくりになっています。

ここに今は、母が一人で住んでいます。

兄と私は、家を出て20年程経っていますが、2人とも中途半端に片付けて出ていったので、ところどころに私物が残っていました。

それらを、両親は、たまにあっちの部屋からこっちの部屋へと移動させることはありました。そして、数年前に父が亡くなり、その時、父のモノと一緒に少し片付けましたが、大半は残ったまま。

特に、2階のミニキッチンとリビング、和室、元子供部屋の物置部屋に、私と兄のモノがありました。

実家に帰ったときは、この2階に泊まりますが、実家だし、古い自分のモノがあっても、見慣れた景色になってしまっていました。それに、そのうち母が片付けるのだろうくらいに思っていました。

ところが、自分が断捨離をするようになり、実家の断捨離しなくちゃ、それもまず自分のモノからだと思うようになりました。

2階の自分と兄のモノを断捨離

というわけで、まずの私のモノ、ついでに兄のモノを断捨離しました。

2階リビングの片隅にあった細長い本棚の中に、私と兄の学生時代の教科書やコピーした資料などがあったので、縛って資源回収に。

30年近く前の全体的にかなり茶色の教科書たち。

さらに、この画像のほかにも、別のカラーボックスに入っていた漫画が50冊くらいと、私たち兄弟や甥っ子姪っ子が小さいころに、購入したりもらったりした絵本や児童書なども60冊くらいも縛りました。

漫画や絵本を縛っているときに、母がきて、「この絵本はたまに読んだりしないの?」「漫画はこんなに揃ってるのに売らないの?」など言いだしたので、かなりイライラしました。

「好きな絵本は、もう家に持ってってあるし、私が買ったモノは、私の好きに処分させて!」と、どんどん片付けました。

それから、私のぬいぐるみや雑貨類もゴミ袋へポイポイ。

甥っ子姪っ子のおもちゃ類も捨てました。

このときも、母が、きれいなモノはバザーに出すと言いだしたので、本当に状態が良いモノだけ残しました。

母も、まだ使えるモノを捨てるのは抵抗があるのでしょう、なんとかバザーに残そうとするので、私も、これはここが汚い、壊れてる、古すぎると必死に阻止しました。

だって、いつのバザーなんだろうと思ったら、秋なんて言うから。

半年も先の話かいっ!

母のモノでないモノでも、なかなかの抵抗を試みる母。

実家の断捨離の難しさをひしひしと感じました。
↓ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
**断捨離のやる気アップに(ブログ村 トラコミュ)**
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
**掃除、片付けの参考に(ブログ村 トラコミュ)**
掃除&片付け
すっきり暮らす
**丁寧な暮らしの参考に(ブログ村 トラコミュ)**
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
日常の小さなできごとを愛する生活

スポンサーリンク