【実家の断捨離】いよいよ母の領域、キッチンへ。

シェアする

実家の断捨離シリーズも3回目です。

まずは、実家の基本情報を。

田舎の2階建て一軒家。

部屋は、1階が、和室5、ダイニングキッチン、リビング、2階が、和室1、ミニキッチンとリビング、物置部屋2つ。

ここに70代の母が一人で住んでいます。

母は、今のところ元気で、畑やガーデニング、趣味のダンスやカラオケ、ボランティアの役員など、わりと毎日忙しく過ごしています。

最初に、実家の2階に残してきた、自分のモノと兄と兄の子供たちのモノを断捨離しました。

【実家の断捨離】思ったよりたくさんあった自分のモノ。
ゴールデンウィークも残りわずかになってきましたね。 私は、3日ほど実家に行ってきました。 そして、断捨離もしてきましたよ。 広い家のところどころに私のモノが残っていました 私の実家は、...

兄の家族は同居していませんが、兄一家が遊びに来るたびに、おもちゃが増えていきました。

そんな兄の子どもたちも、すでに2人は社会人、末っ子は高校生なので、絵本、ぬいぐるみなどのおもちゃでは遊びません。

それらや、私と兄の教科書、漫画、本などを、きれいさっぱり断捨離し、2階リビングがスッキリしました。

というわけで、次は、いよいよ母の領域、1階キッチンへ向かいました。

スポンサーリンク

大きな食器棚が2つ並んだダイニングキッチン

同じ食器棚を、微妙に撮る位置をかえて撮ったものではありません。

上の画像が右側、下の画像が左側、横に並んでいるのです。

よく見ると、中身が違いますでしょ?

この食器棚1つでも、一人にしては大きすぎるのに、2つもあるのです。

昔は、お正月などに親戚が集まったり、葬式を家でやったりしていたので、食器の種類も数もとにかく多いです。

今は、そういった集まりはほとんどないので、こんなにも食器は必要ありません。

さらのこの食器棚の左側にある隙間に、カラーボックスを置き、その上に、私が寮で一人暮らしをしていたときの小さな食器棚も置いています。

結婚して引っ越すときに、寮から一旦実家に寄って、この食器棚を置いていったので、私が悪いのですけどね。

中にそれほど収納していなくて、無理やり使ってる感が半端ないです。

この小さい食器棚は、はやめに断捨離したいところです。

母の気持ちは?

母自身も、実家の遺品整理を経験していて、モノを残すと大変だとは感じている。

自分の家は、モノが多くて、片付けたほうが良いとは思っている。

だけど、片付けたいと思っても、草取りや趣味に忙しく、気持ちの余裕がない。

という感じで、今は断捨離に積極的ではありません。

それに、私がいたこの日は、断捨離しよー!と言ったら、風邪気味だからいやだと言われました。

午前中、私が2階の断捨離をやっていたときは、ちらちらとのぞきにきていたのに、昼食後に、つぎは、一緒にキッチンをやろうと言ったら、急に風邪だからとごろごろとし始めたのです。

確かに鼻をかんだりしていましたけどね。

まあ、もともと片付けや掃除は得意でないから、面倒くさいんでしょうね。

それほど乗り気でないのは、想定内なので、私ができる範囲だけやることにしました。

長くなったので、続きは次回に。
↓ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
**断捨離のやる気アップに(ブログ村 トラコミュ)**
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
**丁寧な暮らしの参考に(ブログ村 トラコミュ)**
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
日常の小さなできごとを愛する生活

スポンサーリンク