【実家の断捨離】食器棚の中の断捨離。でも食器は次回に持ち越し、その理由は?

シェアする

実家の断捨離シリーズ5回目です。

【実家の断捨離】いよいよ母の領域、キッチンへ。
実家の断捨離シリーズも3回目です。 まずは、実家の基本情報を。 田舎の2階建て一軒家。 部屋は、1階が、和室5、ダイニングキッチン、リビング、2階が、和室1、ミニキッチンとリ...

【実家の断捨離】一人暮らしの食器棚の引き出しから出てきたモノ。
実家の断捨離シリーズ4回目です。 ↑こちらの続きです。 母は、風邪気味だから、断捨離はしたくないというので、私だけで、前から気になっていた食器棚の断捨離をやりました...

食器棚の引き出しの中から、明らかに数が多すぎるモノ、使えないモノを断捨離しました。

このようなモノは、母もすぐに捨てると言いましたが、新品でいらないモノに関しては、バザーに出すからとっておいてと言いました。

やはり、使えるモノを捨てるというのは抵抗があるようだと感じました。

スポンサーリンク

使い切れていない大量の食器たち

引き出しの次は、食器棚の扉の中を見ていきました。

お皿などは、それぞれ5~10枚単位であります。

父が生きていたころは、まだ親戚の集まりなどもあり、食器もそれなりに必要でしたが、今は実家で集まることなどほぼなく、このようにたくさんの食器はいらなくなりました。

上のほうにしまってあるモノは、小さな母の身長では手が届かず、取り出しにくいので使っていません。

中段や下の段でも、全然使ってないモノが結構あると思います。

しかし、今回食器の断捨離はしませんでした。

食器を断捨離しなかった理由

母に、使ってない食器はある?と聞くと、こっちのコーヒーカップとかかなーと言いました。

いや、他にもあるだろーと言いたいのはグッと我慢。

↑この食器棚の一番左の扉、中段あたりのところにしまってあるコーヒーカップです。

じゃ、これどうする?と聞くと、これは誰々の結婚式の引き出物で、云々~とか、会社(陶磁器の会社に数年務めていた)で、面白いカタチだなと思って買ってみたとか、バザーで売れるかもしれんとか、ひとつひとつに対して、長々と説明してきました。

そもそも食器を集めるのが好き、それに、ブランドだから、せっかく買ったから、まだ使えるから、もったいないという気持ちがあるようでした。

使っていなくても、手放しにくそうな雰囲気をぷんぷん醸し出していました。

ここで、でも使ってないものをとっておいてもしかたない!なんて、私が言いだすとケンカになるので、母の気持ちを尊重し、何もしないことにしました。

でもね、ホントは断捨離したくてうずうずしてました。

なぜなら、コーヒーカップのセット、これだけじゃないのです。

実は、1階和室には茶箪笥があり、その中に5客、2階リビングの小さい食器棚にも何客かあったはずなんです。

和室の茶箪笥もなかなかの収納量で、コップと湯呑と茶たくがうじゃうじゃ!問題児ですー。

食器の断捨離は、長い道のりになりそうです。
↓ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
**断捨離のやる気アップに(ブログ村 トラコミュ)**
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
**丁寧な暮らしの参考に(ブログ村 トラコミュ)**
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
日常の小さなできごとを愛する生活

スポンサーリンク