【実家の断捨離】参考にさせていただいた本をご紹介。

シェアする

実家の断捨離シリーズ7回目です。

↑この食器棚2つの中のいらないモノを、ちょこちょこと捨てました。

が、見た目は、ほとんど変化なし。

引き出しの中のモノは、少し減ったかな?という程度。

母自身はほとんど動いていないので、リバウンドの可能性もあるかも。

でも、最初にしては、イラっとはしたけれどケンカはしなかったので、よくできたと思ってます。

それは、参考にさせていただいた本やブログのおかげです。

ありがとうございます!

今日は、その中の2冊の本をご紹介します。

スポンサーリンク

暮しの手帖

以前にもちらっと記事にしましたが、『暮しの手帖 2015年 02月号 [雑誌]』の特集 大人片づけのすすめです。

内容充実の【暮らしの手帖】をはじめてじっくり読みました。
子どものころ、暮しの手帖が、何冊か家にありましたが、じっくり読んだことはありませんでした。 先日、ふらりと立ち寄った古本屋で、昨年発行の『暮しの手帖 2015年 02月号 』があり、面白そうな内...

実家の片づけの心構えがわかりました。

大人片づけのゴールは「キレイですっきり」よりも「安全で健康に暮らせる心地よさ」というところを目指します

ついつい自分の片づけのゴールと同じところを目指したくなるのですが、一歩、いや50歩、いや100歩くらい引いてやっていこうとこれを読んで思いました。

「大人片づけの心得」

・価値観を押し付けない

・決定権は親が持つ

・親の考えを否定しない

・説得をしない

・防犯防災の視点を持つ

・3秒迷ったら、一時保管する

・捨てられないものは、活用法を考える

また、断捨離をしていて、イラッとしたときは、↑この「大人片づけの心得」を思い出しながらやりました。

断捨離しているとき、まずは、母に、これはどうする?と聞くようにしました。

母がすぐに「捨てる」と言わなかったモノに対しては、私も「捨てる」という言葉は使わないように気をつけました。

ナイフがたくさん出てきたときは、もし泥棒が入ったらこんなにナイフがあると怖いかもねとか、変色したスプーンがたくさん出てきたときは、さすがにちょっと汚いかもねとか、やたらと数が重複しているものは、かなり多すぎるかもねなど、言い回しを優しくしてみました。

母に、そうかもねと、言わせるように誘導したとも言えますが。

実際、母も、そうだね、捨ててもいいねと同調してくれることが多く、断捨離できました。

それでも、うーんと悩んでいるときは、すく引きさがり、残しておきました。

また、バザーに出すと言ったモノは、私としては、バザーのある秋まで残しておきたくありませんでしたが、言うとおりにしました(あまりに古いモノや汚れたモノは、やめておいたらと言いましたが)。

こういう心得を知らなかったら、自分の価値を押し付けて、あれもこれも捨ててーのオンパレード、悩むものに関しては、理詰めで説得して、言い合いになってたと思います。

こうなってしまうと、余計に断捨離が進まなくなりそうですね。

精神科医が考えた忙しすぎる人のための「開き直り」の片づけ術

もう一冊は、『精神科医が考えた忙しすぎる人のための「開き直り」の片づけ術 (美人時間シリーズ)』です。

こちらは、実家の片づけ本というわけではなく、一般の片付け本ですが、この本の片づけのゴール設定が、大人片づけのゴールとほぼ同じでした。

①健康のため清潔・安全を維持すること

②物を紛失しないこと

③欲しい物がすぐ取りだせること

片づけブームの現在、スッキリとしたモノが少ない部屋を実現させねばと思いがちです。

でも、実際は、毎日忙しく、自分も家族も生活するために大量のモノを必要とする人(多忙・多物族←筆者の考えた造語)に、そのような部屋を維持するのは無理。

多忙・多物族には、多忙・多物族にあった片づけの方法、生活の仕方があるのです。

本には、具体的に、服、文房具、書類、調味料などなど、さまざまなモノの収納の仕方、部屋の掃除の仕方などが書かれていました。

今まで読んだ片づけ本の中では、かなりざっくりしていました。

モノが少ない方が快適だと私は思っていますが、今まで本当に大量のモノに囲まれてきた母なので、この本のような片づけでいいんだなと思いました。

まだ始まったばかりの実家の断捨離。ぼちぼちがんばります。
↓ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
**断捨離のやる気アップに(ブログ村 トラコミュ)**
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
**掃除、片付けの参考に(ブログ村 トラコミュ)**
掃除&片付け
すっきり暮らす

スポンサーリンク