カーテンの穴隠しは小籠包!?

シェアする

このところ、ずっと実家の断捨離話ばかりでしたが、そろそろ我が家の断捨離もせねば。

でも、実家から帰ってきてから、ほとんど進んでいません。

下着を2点ほど断捨離したのみですね。

今週からがんばります!

スポンサーリンク

カーテンの穴の補修

といっても、今日は、断捨離ではなく、先日洗濯をしたら、穴があいてしまったカーテンの補修をしました。

カーテンを洗ってさっぱりするかと思ったら、大失敗の巻。
今日は、夫は会社へ行き、私は家で洗濯。 昨日から、一部屋ずつカーテンを洗っています。 カーテンの洗濯 我が家のカーテンは、今のところに引っ越してきて、ずっと使っているので10年選手。 ...

この部分が一番ひどくて、後は、点々と小さな穴が4か所ほど。

このカーテンを使うのは、あと数か月なので、買い直さず、補修することにしました。

ヨーヨーキルトで穴をふさぐ

カーテンと同系色で、ヨーヨーキルトを作り、それをつけたら、控えめだけどアクセントになるかなと思い、ハギレで作ってみました。

一番上のは、細かく縫い過ぎてしまった。ざくざく縫った方が、ギャザーがきれいにできるみたいです。

しかし、これ、何かに似ている。

あ、小籠包だ!

そう思ったら、もう小籠包にしか見えない。

でも、せっかく作ったから、穴をふさいでみました。

近くで見ると、控えめな感じはなく、立体感があるので、そこそこ気になる小籠包です。

リビングの入り口から見れば、お花っぽく見えなくもない?

私は、小籠包が好きなので、半日見ていたら、見慣れたし、ちょっと愛着もわいてきました。

それよりも、はじめてみた人は、小籠包かお花か判断する前に、カーテンに、穴があいたか、シミがついたか、何か起きたんだろうなって推測するよねー。
↓ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
**丁寧な暮らしの参考に(ブログ村 トラコミュ)**
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
日常の小さなできごとを愛する生活

スポンサーリンク