のどに魚の骨が刺さって抜けない!さて、どうする??

シェアする

こんにちは、もこもこです。

水曜日の夕食時、コストコのさんまのかば焼きを食べていたら、のどにちくっと痛みが!

のどに骨が刺さったー!

さて、こんなとき、どうしますか?

スポンサーリンク

ごはんやお餅を飲み込む?

わたしは、ごはんを食べていれば、そのうち取れるだろうと、そのまま食事を続行しました。

お餅があったので、お餅を焼いて、食べてみました。

昔から、骨が刺さったら、食べ物と一緒にごっくんと飲み込めと言われてましたし。

飲み込むとき、違和感はあるけど、それほど痛みはなかったので、最初は楽観視していました。

けれど、食べ終わっても、取れた気配がない。

それでも、そのうち取れるでしょうとのんびり構えていました。

次の日(木曜日)の朝になって、またお餅を食べました。

まだ、取れない。

この日は、朝から晩まで出かけていたので、違和感を感じつつも、そろそろ取れるはず、きっと取れるはずと祈るような気持で、1日過ごしていました。

ですが、家に帰ってきてからも違和感は消えず、やっと、鏡でのどを見てみました。

パッと見は見えないけど、舌を動かすと、奥に白い骨が、真横に突き刺さっているのが見えました。

ピンセットで取ってみる?

魚の骨の取り方を検索してみると、ごはんやお餅を飲み込んで取れるのは偶然なことが多い、大きな骨がさらに奥に深く刺さったら危険なので、やらないほうがよい、なんて書いてありました。

それには、ピンセットで取るのが良いと書いてあったので、自分でやってみることに。

しかし、骨は見えたり見えなかったりするし、奥に入って行くピンセットを見ているだけで、おえっという反射がでてしまう。

取れそうで、取れない、もどかしさったら!

1人では埒が明かないし、不器用な夫にやってもらうのは、のどを傷つけられそうで、もっと怖い。

しかたないので、さらに次の日(金曜日)病院へ行くことにしました。

結局、病院(耳鼻咽喉科)へ

のどなので、近所の耳鼻咽喉科へ行きました。

夕方5時過ぎにいきましたが、待っている人も少なく、問診票を書いて、ちょっと待ったら、すぐに診察室に呼ばれました。

症状を話して、まず鼻に何か入れて検査(←この検査必要なのかしら??)をしました。

次に、ピンセットと舌を押さえる器具を持ったドクターに「口を開けて、あーって、言ってね」と言われました。

口を開けて「あー」と言い始めるや否や、「ハイ!取れました」って、秒殺で終了!

取りだした骨を確認し、ごっくんして違和感がないか確認し、ハイ!終わり!

あんなに1人で苦労したのに、プロの華麗なる(?)手技で、数秒にして、ラクになりました。

そして、ナースによって、流れるように、診察室から出され、すぐにお会計も終了し(初診料・検査・咽頭異物摘出術で、しめて2530円でした。)、滞在時間15分ほどで病院を後にしたのでした。はやいっ!

待ち時間が長くなりそうな、花粉症やインフルエンザの時期じゃなく、閑散期でよかったです。

でも、さんまの骨ごときで、2530円は、痛い出費でした。

これからは、魚はよく噛んで食べようと固く心に誓いました。
▼丁寧な暮らしの参考に(ブログ村 トラコミュ)
日々の暮らしをシンプル&豊かに
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
日常の小さなできごとを愛する生活
▼美味しいものいろいろ(ブログ村 トラコミュ)
COSTCO Wholesale(コストコホールセール)
コストコ☆私のオススメ商品はコレ!!
美味しい暮らし♪♪
料理、クッキング
*ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

スポンサーリンク