20年以上取引のない銀行口座を解約。手続きについてと預金はいくら残っていたのか?

シェアする

こんにちは、もこもこです。

先日、20年以上取引のない通帳を2冊見つけました。

夫の洋服と期限切れパスポートといろいろな書類を断捨離。
こんにちは、もこもこです。 スーパーに行くと、お菓子が、秋バージョンになっていて、ついつい吸い寄せられてしまいます。安納芋やマロンが、わたしを呼んでいる! 見てはいけないと思いつつ、どんな...

1冊は、実家のほうにある信用金庫、もう1冊は、合併を繰り返し、今は三菱東京UFJ銀行になっている東海銀行のもの。

引越して、メインバンクが変わり、結婚して、またメインバンクが変わり、信用金庫のほうは実家に戻ったときにと思っていて忘れ、東海銀行は、合併して、どうしたらよいかわからずにほったらかしにしていました。

その後、別の支店で今の姓のUFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)の口座を開設しています。

せっかく見つけたので、この古い通帳を断捨離しようと、解約手続きをすることにしました。

通帳に記入されていた残高は、東海銀行で14884円。たぶん、この後、おろしてると思うけど、いくら残っているかな??

スポンサーリンク

20年以上取引がなくても払い戻せる?

事前にネットで調べてみると、三菱東京UFJ銀行は長期間取引がなくても大丈夫と書いてありました。このあたりの対応は、金融機関によって異なるそうです。

そこで、わたしは、近所の三菱東京UFJ銀行の支店に行ってみました。

持って行ったのは、東海銀行の通帳旧姓の届け出印身分証明の免許証、今の姓のUFJ銀行の通帳です。

キャッシュカードは、見当たらず、そもそも持っていたのかどうか覚えてませんでした。

預金残高はいくら?

解約窓口で、休眠口座の解約を伝えると、パソコンで、その口座を確認して、数分で、キャッシュカードが発行されていることと、正確な残高がわかりました。

残高 603円。

思った以上に少なかった・・・。

そうですよね、たくさん入ってたら、休眠口座になんかしませんよね。

解約手続きできず・・・

それはさておき、キャッシュカードを紛失していたので、このとき解約手続きができませんでした。

キャッシュカードがあれば、そのまま解約手続きができたそうなのですが、キャッシュカードを紛失していた場合、なんだかよくわかりませんが、旧姓から新姓への氏名変更の手続きが必要なのだそうです。

そのため、戸籍謄本がいると言われてしまいました。

戸籍謄本でなくても、免許証の裏書に新姓が書いてあればよいと言われましたが、結婚してしばらくたっているので、もうそんな免許証じゃないわたし。

戸籍謄本は、手数料に450円

603円を払い戻すのに、450円。

最後までやり遂げて解約したい気持ちもあるけど、なんだかなーと思いつつ、いったん帰宅。

何か、無料で、わたしの旧姓を証明してくれるものはないの?

そう思ってネットで調べてみると、年金手帳も公的な証明書になるという記述を見つけました。

年金手帳!確かに、自分の手書きだったけど、旧姓と新姓の両方記載してある!

電話で銀行に確認してみると、年金手帳でもOKでした!

再び解約手続きへ

再び、銀行へ。

持ち物は、東海銀行の通帳、旧姓の届出印、新姓の印、旧姓と新姓の記載のある年金手帳、免許証(現住所の確認のため)、UFJ銀行の通帳(払戻金の振込先口座を記入するため)。

まず、氏名の変更をして、解約する手続きをしました。

そして、払戻金は、いくらであっても振り込みということで、振込先の口座を書き、手続き終了。

603円のためにがんばりました。

きちんと解約できて、スッキリ!

もう1冊の信用金庫のほうは、どうなんだろう??

こちらも預金残高は期待できませんが、問い合わせてみようと思います。

こういう変更は、面倒がらずに、すぐやるのが一番ですね。

にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへ
スッキリさせた場所・もの

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村テーマ 貯金、貯蓄、家計、お金に関することへ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

*ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

スポンサーリンク