【1イン2アウト】メンタリストDaiGoの『人生を思い通りに操る片づけの心理法則』。

シェアする

こんにちは、もこもこです。

ブログを少しお休みしていましたが、夫のインフルエンザがうつることなく、元気に過ごしています。

ただ、このところ暖かいせいか、とてつもなく眠くて、ブログを書いていると眠くなってきてしまいます。

スポンサーリンク

1イン1アウト

さて、先日、夫に新しい洋服を買いました。

久しぶりに洋服を買った夫が「もったいない」と言ってすぐに着ようとしなかった。
こんにちは、もこもこです。 先日、久しぶりに夫の洋服を買いました。 ミニマリストかも? この冬シーズンの洋服コーデが、ミニマリスト並みに少ない夫。 わたしが断捨離をする前は、着...

断捨離をしている人ならば、1つ入ってきたら、1つ捨てるというやり方をご存知の方も多いと思います。

わたしも、自分の洋服を買うときは、これ以上増やさないために、1着増えたら、1着捨てています。

では、夫の洋服も・・・と言いたいところですが、夫は、まだ古いシャツにも愛着があるようで、捨てる気なしっ!

わたしは、少々くたびれてると思うけれども、そこは無理強いはいたしません。

夫の洋服は、すでに少ないほうですし、自分でどんどん買い足すこともありません。だから、少し増えても、収納に困ることはありません。

来シーズンになったら、やっぱりいらないと言いだしそうだけど、今はいるということなので、夫の気持ちを尊重したいと思います。

寛容な妻になりました。

人のモノを無理に捨てさせようとしても、家の中が不穏な空気になるだけということを、この2年に渡る断捨離生活で学びましたからね。

自分のモノを捨てる

でも、人のモノが増えると、家の中にモノが増えたなと、感じてしまうのも確か。

なので、自分のものをアウトします。

なにかないかなーと探して、見つけたのは、こちら。

化粧品をいれていた自作のポーチと、その内ポケットに入っていたピンとゴムを捨てます。

ほぼ毎日使っていても、よく見てなかったので、こんなに布の色が薄くなっているなんて気づかなかった。

ファスナー付けとか面倒なので、苦労したのにと思うと捨てづらいけど。内側も結構汚れてきてましたしね。貧乏くさくて、お気に入りからは程遠くなってしまったから、もう捨てよう。

新しい化粧品入れがないので、化粧品たちはとりあえず紙袋へ。何か入れ物探さなきゃ。

あ、でも、これは買い替えになると思うので、減ったわけじゃないな。

減ったのは、ピンとゴムですね。小さいけども、2つ減らしました。

夫の洋服は2着増えたので、これでOKということにしましょう。

1イン2アウト

OKと思ったんですが、いやいや、もっと捨てようと思い直しました。

最近読み始めた、こちらの本に、1イン2アウトって書いてあったんです。

本の中で、二度と部屋が散らからない習慣として、1イン2アウトを徹底させようと書いてありました。

1イン1アウトでなく、1イン2アウト。

これでなければ、知らず知らずのうちに部屋に入ってくるモノに対応できない、と。

確かに、自分の意志で買ったモノばかりが、家の中に入ってくるわけではありません。

人からもらったりして、知らないうちに入ってくるモノが、結構あるものです。

そこで、もう1度、いらないモノを探してみました。

帽子と、台湾で買ったプチプラのアクセサリーなど、5点。

しばらく使ってないし、今後も使わないと思うので、もう捨てます。

思い直したおかげで、5点も捨てられました。

1イン2アウトの習慣を繰り返していくことで、買い物に対しても慎重になり、賢い買い物ができるようになるそうです。

この本、捨て方だけでなく、どういったモノを買ったらよいかと言うことも書いてあり、参考になります。

まだ最後まで読めていませんが、後半に、時間管理の章もあるので、特にここを気を引き締めて読みたいと思います。

どうもだらけてしまって、時間がうまく使えていません。何とかしたいです。
にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていくへ
片付けて プチストレスをなくしていく

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し

にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへ
スッキリさせた場所・もの

スポンサーリンク