炊飯器で焼豚を作ってみたら、簡単なのに素晴らしく美味しかった。

シェアする

こんにちは。

もこもこです。

普段は、塊肉ってあまり買わないのですが、珍しく焼豚用のお肉を買ってみました。

image2

この日は、お肉の専門店の感謝祭で、いろいろとお買い得だったのです。

売り場を試食しながら、フラフラしていたら、焼豚を作りたい衝動に駆られました。

スポンサーリンク

家に着いたら、さっそくレシピ検索

もちろん、検索ワードに 簡単の文字は必須です。

すると、炊飯器でできるレシピがあるじゃないですか!

【nanapi】 (image by 著者) チャーシューは本来、焼き目を付けた後に鍋で柔らかく煮る作り方が一般的かと思いますが、その際70℃前後の低温で加熱調理することにより肉のたんぱく質が壊れず、ジューシーな旨味が詰まったまま柔らかく仕上げることができます。 でも温度を計りながらずっ...

そうそう!こういうのが良いんです~。

というわけで、こちらを参考に、焼豚作り開始です。

お肉を焼いて、調味液を作って、あとは炊飯器におまかせ

私が買ったお肉は、600gあったので、調味料を少々増量しました。

あと、青ネギはなかったので、使わず、しょうがは、自分でスライスして干したものを、3~4枚ほど使いました。

image3

お肉をフライパンで、焼き色をつけて、ジップロックに調味液と一緒に入れ、炊飯器にお肉がかぶるくらいお湯を張って、保温スタート。

途中出かけていたので、炊飯器に保温した時間は6時間です。

スイッチを切って、そのまま2時間ほど炊飯器の中に放置しました。

大げさでなく、私って天才!って思ってしまった出来栄え

img_4451

できあがりです。

img_4452

中もちゃんと火が通って、柔らかそうです。

たまらず、切れ端をつまみ食いしてみたら、素晴らしい出来栄えに、私って天才かも!と思ってしまいました。

時間はかかりますが、私が手間をかけたのは、ほんの少し。

それなのにこの美味しさ!

リピート決定です。

残った調味液も、ゆで卵を入れたり、チャーハンの味付けにしたり、使えますね。

食欲の秋が加速しそうで怖いです。


**断捨離のモチベーションが上がります(ブログ村 トラコミュ)**

断捨離でゆとり生活

**掃除、片付けの参考にさせていただいています(ブログ村 トラコミュ)**

掃除&片付け

すっきり暮らす

スポンサーリンク