捨てない&片付けられない母に、断捨離について熱く語ってみました。

シェアする

こんにちは。

もこもこです。

先日、母と名古屋駅で待ち合わせをして、ランチをしてきました。

自然と話は、断捨離のことになったのですが、ここ最近、他の方のブログで、実家の断捨離という言葉を目にすると、私も他人事ではいられないと強く思うようになってきました。

s_max77_gomibakokuma20141025153806_tp_v

スポンサーリンク

とにかくモノがたくさんの実家

実家には、母が一人で暮らしています。

一人暮らしなのに、大きな食器棚が2つ壁一面に並べてあり、ぎっしりと食器が入っています。

もちろん食器だけでなく、母の洋服、亡くなった父の洋服や本、工具、私と兄の教科書、孫が小さかったときのおもちゃなど、田舎の広い家には、モノがたーっくさん!

私も結婚するときに、漫画や雑貨などを処分せずにそのまま置いてきたので、いまさらながら責任を感じています。

広さはあるので、モノがたくさんあっても、足の踏み場がないということはないのですが、何か雑然とした雰囲気で、最近は、実家に帰っても、ゆっくり落ち着くことができなくなってきました。

母もだんだん年を取ってきて、一人で全部片付けるのは大変だろうと思い、今の状況について母自身はどう思っているのか聞いてみました。

片付けようと思うけど、片付けられない

やはり、モノが多いのは自覚しているようで、「私も落ち着かんわ~」と言っていました。

しかし、「断捨離したら?」というと、忙しい、夏の疲れが秋になって出てきて、できない、使えるモノはもったいない、片付けたいけど、片付けられないと、できない理由を並べてきます。

やはり、実家の断捨離は、なかなか手ごわそうです。

まずは、モノの数を減らすこと

とにかく、片付けるより先に、最初は捨てて、まずはモノの数を減らすことが、一番大事だと伝えました。

一度に全部やらなくていいこと、引き出し1つから、時間にして15分くらいでいいから、使えないモノや、存在を忘れていたモノなど、捨てやすいモノを、毎日少しずつ捨てるように提案してみました。

「そうやね~」とは言っていましたが、はたしてどうなるでしょうか?

今度実家に帰ったら、私と兄と兄の子どもたちのモノなど、あまり母の思い入れの無いものは私が処分してこようと思います。

我が家も実家も今年中にスッキリできたらいいなぁと思います。

スポンサーリンク