初めて【ふるさと納税】をやってみました。

ふるさと納税

こんにちは、もこもこです。

この夏、遅ればせながら、我が家もふるさと納税デビューしました。

ワンストップ特例制度でらくらくふるさと納税


税金の控除がある。
2000円でいろいろ返礼品がもらえる。

など、なにやらお得らしいけど、確定申告しなきゃいけないし。
なんか面倒だなって、二の足を踏んでいました。

ところが、確定申告しなくてもいい、ワンストップ特例制度というものがあると知りました。

年間5自治体までなら、確定申告しなくても、控除が受けられるという制度です。


寄付上限額を知る

ふるさと納税をするには、寄付の上限額を知る必要があります。

夫の源泉徴収票を用意して、楽天ふるさと納税のホームページの詳細版シュミレーターでシュミレーションしました。

我が家は、住宅ローンの減税もあるので、詳細版で行いました。

シュミレーターで出されたおおよその寄付上限額をみてびっくり!
この額から、2000円引いた額を控除してくれるのね。
ちまちました節約よりも、すっごくお得。

これまで、ふるさと納税をしてこなかったことを激しく後悔しました。
あー、ちゃんと知っていたら、いくら控除できていたのか。

マネーリテラシーが低いと、本当にもったいない。

楽天ふるさと納税

ふるさと納税ができるサイトは、楽天ふるさと納税の他にも、ふるさとチョイス、さとふる、ふるなびなどいろいろあります。

それぞれのぞいてみると、取り扱っている自治体が違ったり、同じ自治体でも返礼品が違ったりしているのですね。

我が家は、夫がつみたてNISA口座を楽天証券で開設するために、楽天銀行も楽天カードももろもろ手続きしました。
ふるさと納税も楽天ですれば、まとまったポイントがつきます。

なので、楽天のふるさと納税から、返礼品を選びました。
もちろん、楽天スーパーセールの時期を狙って。

小田原市の返礼品

選んだのは、こちらのお椀。


これまで、食洗機で洗えるプラスチックのお椀を使っていました。
けれど、やはりあたたかみのある木のお椀がほしい。

一時は、食洗機OKの木のお椀も探しましたが、割れるというレビューを目にして買うのを保留。

やはり、手洗いでも木のお椀にしようと思っていたとき、ふと思いました。
ふるさと納税で、お椀ってあるのかな?
探してみたら、小田原市の返礼品にあったのです!


このころんとした形。
そして、素朴さ。

これなら、手洗いして、大事に使いたい。

1ヶ月もかからずして届いたのがこちら。

手触りも良いし、手のひらに収まった感じも良いです。

厚みがあるので、熱いお味噌汁をいれても大丈夫。

桜の木のお椀です。

小田原市の薗部産業というところが作っているそうです。

ふるさと納税の返礼品にはありませんが、明るい色のお椀も作られています。
こちらもかわいい。


朝食にぴったりなプレートも素敵です。
こちらも申し込もうか迷い中。


魅力的な返礼品が膨大なので、ふるさと納税初心者は、あれこれ目移りしちゃって、なかなか決められません。

医療費控除に注意

最近、気づいたのですが、今年我が家は、ちょこちょこと病院に行くことが多く、医療費がかさんでおります。

夫は、歯科治療でまだ通院が必要なので、12月までにもしかしたら、10万円超してしまうかも。

そうすると、医療費控除を受けるために確定申告が必要なので、ワンストップ特例制度が使えなくなります。

また、医療費控除の分を加味すると、寄付上限額も変わってきますよね?

他に注意することあるかしら?

税金のしくみにも本当に弱いので、ふるさと納税を通して学んで行きたいと思います。

ふるさと納税 その他生活ブログ・テーマ
ふるさと納税

コメント

タイトルとURLをコピーしました